當前位置:主頁 > 新聞 > 地州 > 列表

しかし、ノートや鉛筆、制服などの學用品は自分たちで準備しなくてはいけません

來源:網絡整理  時間:2019-10-07 09:37

活動予定期間は 2020年8月まで。

プロジェクトでは、學用品を買うことが難しい困窮家庭に限定して、學用品一式を無料で提供し、経済的負擔を少しでも減らすことで子どもが學校に通えるようにサポートしています。

子どもがしっかりと學校に通うようになることで児童労働を予防し、カカオ農家が継続して子どもの教育に投資ができるよう、カカオ農園の経営を改善し、農家の収入向上を目指しています。

000円で子ども1人に學用品一式を支援できます ACEでは、ガーナのカカオ生産地の子どもたちの支援活動に対する寄付として「 チョコ募金 」を集めています! ガーナのカカオ生産地域の子どもたちを支援「チョコ募金」 チョコ募金は、ガーナのカカオ生産地で子どもの教育とカカオ農家の自立のための仕組みづくりに役立てられています, ガーナのカカオ生産地域での支援活動「スマイル?ガーナ プロジェクト」とは カカオ生産地での危険な児童労働から子どもを保護し、就學を徹底することを目的としたプロジェクトです,チョコレートを食べるわたしたちが、カカオを作る村のためにできることを、みなさんと一緒にこれからも続けていきたいと思います。

ガーナは幼稚園から中學校までの義務教育には授業料はかかりません, 6. 住民相互扶助の組織化 Bobrapa(ボブラパ)と呼ばれる地域の相互扶助組織を作り、共同でお金を積み立て、生活費や子どもの進學費用、醫療費などの急な出費が必要になった場合に融資を受けられる仕組みを作っています。

村ではどんな活動をするの? 學校環境や教育の質が改善され、カカオ農家が経済的に自立することで、子どもが學校に通うことがあたりまえになるよう、村の住民、特に子どもを抱える家庭や村のリーダー、地域の行政関係者と連攜して取り組んでいます, 人口は2村合計で約1, プロジェクト名 英語名:SMILE-Ghana Project (Sustainable Management of cocoa farm and Improved Life via Education for the elimination of child labour) 日本語訳:持続可能なカカオ農園経営と教育を通じた児童労働撤廃プロジェクト 実施期間と活動地域 2009年2月~2018年1月 アシャンティ州アチュマンプニュア郡の8つの村と45の周辺集落 2018年2月~現在 ブロン?アハフォ州アスナフォ?サウス郡の2つの村 パートナー団體 CRADA(Child Research for Action and Development Agency) プロジェクト実施地域について ガーナはどんな國? アフリカ大陸の西部に位置し、國土は日本の約3分の1、サブサハラアフリカ(サハラ砂漠以南のアフリカ)で、第二次大戦後初めて植民地支配から獨立した國です, 児童労働に関する法律 ガーナ國憲法(1992)、子ども法(1998)、 人身売買法(2005) プロジェクト実施地域とその課題 2009年(プロジェクト開始時)~2018年:アシャンティ州アチュマンプニュア郡 ガーナで2番目にカカオの収穫量が多いアシャンティ州の、アチュマンプニュア郡の奧地で活動していました,390 3,安定した活動を継続して実施できるよう、チョコ募金へのご支援をどうぞよろしくお願いいたします! 詳しくはこちら ガーナの子どもたちを笑顔にするために 応援よろしくお願いします! ,

分享到:
猜您喜歡的
用戶名: 密碼: 匿名 登錄 注冊 忘記密碼

注意:遵守《互聯網資訊信息服務管理規定》,廣告性質的評論會被刪除,相關違規ID會被永久封殺。

驗證碼: 看不清楚,點此刷新! 查看評論